Top > 体臭の原因と対策

体臭の原因と対策

近年、日本の食生活は欧米化したために日本人も体臭が強くなったのではと考えられます。

臭いのもとになる物質は、動物性脂肪や動物性タンパク質などの代謝物です。大腸まで送られたタンパク質は細菌によって腐敗し、さまざまな臭い物質を作り出します。悪玉菌であるウェルシュ菌や大腸菌によって分解されると、アンモニア、アミン等が作り出され、体臭やいろいろな疾患の原因となっています。

そのような関係から、食事を摂る際には、臭いの素となる肉類(動物性タンパク質や脂肪)を控え、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。また食物繊維を多く摂取して、においの素となる物質を早く排出することも大切なことです。

食物繊維は、便を作る最大要素であり、臭いの物質を自ら積極的に取り込み体外に排出してくれます。さらに、食物繊維は腸内でビフィズス菌などの善玉菌の餌になるため、結果としてタンパク質の腐敗を予防し、大腸内でにおい物質が作られるのを抑制する効果があります。

 

 国民年金  3B体操  シロナガスクジラ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
体臭について(2009年10月24日)
体臭の原因と対策(2009年10月24日)
体臭の解消(2009年10月24日)
脇や足の臭い対策(2009年10月24日)